一定期間更新がないため広告を表示しています


近所の演芸屋さんにあったプロテアの蕾。うつくし〜! 茅ヶ崎のLUFTさんへ行きたーい!


変化」「変化2」に引き続き3。
嬉しくて書いておきたいこと。
ヽ( ´¬`)ノ ワ〜イ


わたくし、一浪のときは実家で毎朝5時起きして毎日掃除と洗濯をしてましたが、成人してからは全然できませんでした。23歳、24歳で一人暮らししていた秋冬は廃人で一日20時間は眠っていたし、毎日の食事の用意もできない、歯も磨けない、顔も洗えないくらい気力がなかった。
25歳で抗うつ剤と抗不安薬の服用を始めてからは副作用で日常生活に支障がありすぎて食器洗うのが辛い、洗濯干すのもしんどい。気力もなく、身体も重くだるすぎて家事ができなかった。


ところがどっこい!この一年、毎日何かしら家事ができる。
食器洗いが辛くない。洗濯干すのがしんどくない。
普通に生活できるのがすごく嬉しい。
ただそれだけ 
(*^ワ^*)





 

わっ、無垢が見てた〜!

変化」に続き再び自分のこと、記録として書いておきたい。


2012年8月に薬を切らしてそのままお盆休み、病院も休みなのを機に断薬することに。
確か1ヶ月は禁断症状で凄まじい日々だった気がする。居間の棚が溶けてなだれ落ちるように見えたりとか、眩しすぎたりとか、うるさすぎたり・・・視覚・聴覚・臭覚・触覚が敏感になりすぎた。味覚はなくなった。内蔵は全然機能していなかったから、ちょっと痒いなぁとポリポリ顔を掻いたらあっという間にアトピー。特にまぶた、頬、唇がひどくて完治に7ヶ月かかった。


9月、やっと薬なしでなんとかなりそうだと感じた矢先に卵巣嚢腫再発。
ある日いきなり下腹部が「いたーーーい」となり、激痛に。2時間後に四肢と下腹部の痙攣で落ち着いた。1cmの段差も苦痛になるほど歩けなくなった。



2015年1月。
今は11年間も服用した抗うつ剤と抗不安薬はのんでいない。2013年は一度あらゆるストレスをなくすことにして、作業もやめた。何もしないストレスもあったけど、数ヶ月したら何もしくても幸せ、何も出来なくても幸せになる。
外で働かないといけなかったら薬が必要になると思うけどその必要はないし、副作用で前みたいに日常生活に支障が出るほど体調不良になりたくない。無垢監督のおかげで毎日規則正しい生活と外を歩いているので心も身体も健康だと思う。


卵巣嚢腫の方は、途中ディナゲストという薬での薬物療法を勧められたけど、副作用を知って恐れおののき(笑)、服用する気になれなかった。低用量ピルで治まっている。この間検診に行ったら患部が小さくなっていいた。こちらも経過良好。子宮ガン検診も問題なかった。


この頃気付いたのが「もうすぐで春だなぁ」と思っていること。
冬季うつ病で春夏と秋冬の自分が変わりすぎて、自分自身についていけなかった。
今まで12月1月は春が来るなんて到底思えず延々暗闇だった。
今回の冬は違う!
相変わらず脳みその働きは悪いし(クマみたいに冬眠したい)、テンションも低い(一年中低めだけど)、でも「もうすぐで春だなぁ」と思えた。感じた。
これすごいと思う。
無垢ちゃん、夫ちゃん、いつもありがとうございます!


 
昨日お出かけできなかったので、今日はテキスト打ったり作業をしに近所のファミレスにやってきました。
この写真は3年前に作ったcomposition_mという柄で、手拭いとか染めました。これは犬の無垢をパターン化したものです。当時は正円で構成してましたが、柔らかい雰囲気にしたくて(だって無垢ちゃん、可愛いでしょ!)、正円を花やテキトーな形で楽し気な雰囲気に直しました。それをスクリーンに製版するため、フィルム版にする作業です。ガッと集中できてスッキリ、ストレス解消になりました。
最終形になるのがいつかわかりませんが、また報告いたしますー。

 
****************


本当は昨日気分転換に東京へ行って友達とお茶するはずだった。ワクワクしつつ下腹部痛くならないといいな〜と心配してたら、まんまと痛くなってしまった。しかも夕寝から起きたときの酷い脱力感と憂鬱さ。あのどんより分厚いグレーの雲で覆い尽くされた空のような、不安げな感じ、重苦しい抜け出せない感覚はここ数年はないものだった。

 
結局大事を取って友達に断りを入れて東京行きはなくなり、のんびりした日曜日を過ごした。
幸い下腹部痛も消えて、どんより気分も消え去った。本当によかった。
この下腹部痛とどんより気分は、いつも犬の無垢の事しか考えていない私の大きな問題になっている。本当は無垢と同じくらいに対応していかないといけない。

 
どんよりは、今回のはすぐに消えたから誰にでもある憂鬱な気分だったと思う。でもどんより加減がすさまじかったから凄く不安になった。19歳のころから出ている冬季うつ病がひどくなったら大変だなぁと。。。
冬季うつ病は家族も自分も全然気付かずに、23歳の秋冬のとき大学で一人暮らしをしてから酷くなった。その後も気付かずに24歳の秋冬になってまた酷くなり、25歳の秋にもまたおかしくなってこれは普通じゃない、と気付く。でも23歳の秋冬ですでに廃人、毎年廃人だった。あの秋冬を思い出すと未だに恐ろしくて嫌な気分になる。ただ春になると普通になるので単に自分のことをダメ人間だと思ってやり過ごしていた。

 
25歳でやっとおかしいと気付いてからは通院して薬を飲み始めたが、薬の副作用の方がきつかったのが現実。で、去年の夏にきっかけができたので11年も服用した抗うつ薬と抗不安薬をすっぱり止めて現在に至る。離脱症状がすごかった。去年の秋冬は薬はのまなかったけど、前みたいな廃人のようにはならなかった。副作用でいろいろあった体調不良も少しずつ快方に向かった。
社会に出ないといけない立場だったら、薬なしでは到底生きていかれないと思うけど、私の立場は何もしなくていい主婦が認められている(とくに秋冬はね!)ので、無理して家事する必要もない。ひたすら規則正しい生活を送って食べて寝るだけ。


今年の状態、やっぱり秋冬はダメらしい。脳みその働きが極端に悪くなる。10月に入ってからテキトーな食材の買い物はできるけど、適当に料理ができなくなった。何をどういう風にどういう順序で作ったらいいのか途方に暮れる。こうなると料理本のレシピもダメ。読んでも読んでも分からない。去年はレシピの同じ行を読み続けてなかなか次の行に進めなくておかず一品つくるのに書かれている予想時間の2倍以上かかった。今回の秋冬はもうそんな努力はしないでおく。
何を食べたいのかも答えられなくなる、服も考えられなくて1週間同じことが多くなった。スティーブ・ジョブズ式にしたら楽だよなー。ここ最近は7時に起き上がれなくなった。本当は起きて家事をすると調子がいいので、これは頑張りたい。本を読んで理解するのも凄く時間がかかってたまにストレスになるけど、犬ブログは時間かかるけど楽しく読める。

 
また体調不良をしてまで薬を飲む必要性を感じない。でもいつか再発するかもしれないから、良さそうな病院・医師を探しておいた方がよい。

 
***

 
下腹部痛の原因は去年9月に再発した卵巣嚢腫にある。去年春の定期検査で大丈夫だったけど、8月に断薬して体調が酷くなって、やっとなんとなく人間らしい生活が〜ってときに下腹部激痛。きっと卵巣嚢腫再発だな、と思いつつ全然動けなくて近所のレディースクリニックへ行かれたのが10月だった。卵巣嚢腫再発確定。

 
ちなみに卵巣嚢腫とは、閉経するまで再発(再燃)を繰り返しやすい病気です。
症状抑制のため低用量ピルを服用したけど、3か月くらいで痛みが酷くなり、今年の春に12年前に手術してその後定期的に検査してきた東京の大学病院へ。ディナゲストという薬を処方されたが、副作用がはんぱない様子(聞いたのに医者からの説明なし)で、服用をためらっているうちに痛みが引いて秋からは普通に歩けるようになったけど、早足で歩き続けるとか、頑張って急いで自転車を漕ぐとか、重たい物を持つとか下腹部に負担がかかるのはNG。生理の週と次の一週間はとくに気を遣って過ごさないと痛い目に遭いやすい。

 
東京の大学病院は手術の技術が高い先生が多くいるらしいけど、いつも時間に追われて用事を片付けるような扱いで一緒に治療を考えてくれる雰囲気の先生がいなかったし、わざわざ東京まで行くのも大変なので神奈川県で病院・先生を探すことにした。で、こないだMRI画像引き取りと宛先のない紹介状を書いてもらいに最後の東京の大学病院へ行った。そのときの先生がとってもいい雰囲気の、話しを静かに丁寧にきいてくれる人で、あー初めからこの先生に診てもらいたかった、と思った。

 
物事うまいことすんなりいかない。
3付き下旬に外国人海水浴客発見! 基礎体温高いんだろうな〜。


このあいだ3回目の大学病院へ。そこで手術ではなく薬物療法を勧められた。勧められたと言うと聞こえがいい。手術に関して否定的なことをさんざん言われ、ろくに説明もないままにディナゲストという薬を処方。副作用を聞いたら、ピルにある血栓の副作用はない、とだけ。でも診察後に看護師さんからもらったディナゲストのパンフレットには服用をためらいたくなる副作用がいっぱい書いてあるではないか!!!!


薬物療法を始めるにしても納得のいく説明をしてもらいたいし、12年前に手術してもらってから定期的に通院してきた大学病院には今丁寧に病気と今後の治療を説明してくれる医師がいなさそう(この3回の通院のうち2回が専門の医師だったけど、対応が悪い)なので転院してみようということに。


ずっと続いている下腹部痛がだいぶ弱まって(でも日常生活には支障あり)気持ちが落ち着いてきたから病気のこと勉強中。
日本子宮内膜症協会はかなり勉強になる!!!

1